星降る夜になったら

もう何年も前の話だけど、友達がなゆの誕生日を祝うお話を書いてくれたことがあります。

その時は橘なゆとか好きあってるとか考えていなかったけれど、その頃の思い出も含めていままで大切に思えてきたんだなぁと、私も橘も感じているんだなぁというそんな話。

ーーー

ずっと一緒に来たかった場所があると、いつか七夕希が言っていた。

「ここに来ると、思うんだ。帰ってきた!って」

彼女の腰くらい高さのある草をかき分けて、七夕希は丘を歩いた。めずらしく足取りに迷いはないようだった。もう言われなくても分かるくらいに、ここは星が光っている。それはもう、一面に。薄い色のワンピースを揺らしながら振り返らずに先へと進み、そうしてゆるい傾斜の丘の一番上まで登った彼女を、立ち止まって見上げた。

「橘くん、どうしたの?」

その問いかけに、すぐには答えなかった。夏草が揺れて、風の音がする。七夕希はすこし遠い。静かになってから、声を張った。

「見とれてた」

「お星様、きれいでしょう」

相変わらずのずれた返事に、気付かれないようにそっと笑った。思っていることが、全て届くわけじゃないけれど、それでいいと思う。

「空をよく見てて。流れ星がたくさんなんだよ。橘くんは何をお願いする?」

しばらく考えたけど、頭に浮かんだそれは多分、七夕希と同じことだった。だから言わないでおくことにする。

「難しいね。……七夕希は?」

「この先、ずっとこのままいられますようにって!だけど、なゆはね、少しでも大人になれたことが嬉しいんだ。橘くんには追いつけないけど、同じ道を歩いてるみたいで……変わらないけど、変わっていくんだよ。なんて言えばいいんだろう。難しいなぁ」

瞬間、あ、と思って、俺も七夕希も大人になったことに気付く。知らないうちに、彼女の髪は前よりも長くなった。ずっと隣にいるうちに、いつの間にか、月日が重なっていたらしい。増えた料理のレパートリーとか、覚えた星の名前とか、お互いに変わったことが数え切れないほどある。……変わらないものは、なんだったかな。

「……昔、河原で星を見たよね」

俺は何年も前のことを思い出した。

確かあの時は、白鳥と笑涙も一緒だった。その日の朝は雨が降っていたのに、白鳥の言う通り、夕方になると空は晴れて真っ赤になって、夜はきれいに星が見えた。嫌々ついて行ったけれど、忘れかけていた七夕希の誕生日を思い出させてくれた彼らには感謝している。

おめでとうの一言で、あんなに笑顔になった七夕希を、昔の自分はどう思ったんだろう。

「なゆも、覚えてるよ。空がきれいだったね。なにより、橘くんにおめでとうって言ってもらえて、すごく嬉しかったなぁ」

なまぬるい風が強く吹いている。振り返ってこっちを見ている七夕希の髪が、何度も風になびく。暗くてよく分からないけれど、たぶん笑っているんだろう。散らばる星があまりにたくさんで、それを背にする彼女は小さく見えた。夜は深すぎて、星がひとつ落下して消えたってきっと気づくことはない。そう思う。ひかりのようなひとが変わらずそこにいるのなら、なおさら。

「橘くん。また、ここで待ち合わせしようね」

「うん」

「星の逢い引きみたいに、今度はひとりでも、迷わずにたどり着けるよ」

「うん……そんな気がする」

丘を登って彼女の隣まで来ると、夜空はもっと近かった。何万光年も先の宇宙に散りばめられた星たちの、まばゆさにはっとする。七夕希と出会って、何かを見てきれいだ、と思うことは多くなった。それにしたって、こんなに息をするのが難しかったことはない。

掴んだ手が強くにぎり返されて、約束した夜が瞬いた。

傘待ち

 今日は曇っていて浮かない空だなぁと思っていたら、買い物から帰る途中で雨が降ってきた。がまんして小走りで帰るにはちょっと距離が遠いし、いつもは通らない商店街の、シャッターが閉まっているお店の屋根の下で雨宿りをすることにした。昼過ぎだけど商店街に人通りはほとんどなくて、うす暗い感じがする。天気が悪いせいもあると思う。私はぼうっと空を見上げた。重くて暗い冬空だ、きっと雨はなかなか止まない。

 どうしようかなぁとぼんやり考えながら、空を薄く反射する水たまりを見ていた。すると、その水たまりを踏みながら、男の人が歩いてきた。黒いスーツを着ていたから足元は橘くんみたいだったけれど、髪の毛が澄んだ湖みたいな水の色で、もう少し背が大きくて、見覚えのあるひとだった。

「あ」

 思わずこぼれた声は雨の音で聞こえなかったみたいで、男の人は下を向いて猫背で目の前を通り過ぎる。傘をさしていなくて、黒い服が水滴を弾いていたから、きっとこの雨の中しばらく歩いていたんだろうな。これ以上歩いていたら、びしょ濡れになって風邪をひきそう。あの人、細っこいしちょっと元気がなさそうだから、心配だ。

「由井さん!」

すこし大きめの声で名前を呼ぶと、私の前を横切った由井さんはぴたっと立ち止まって振り返る。わたしのこと、ちゃんと覚えてくれていたみたいな顔をして、となりまできてくれた。

「あぁ。七夕希ちゃん、だっけ……寒いね、雨いきなり降ってきたね」

「由井さん、風邪ひいちゃいますよ」

「そうだよね。そっか、橘くん近くに住んでるっけ。迎えに来てもらおう」

 とんとんと話が進んで、由井さんはすぐに携帯を取り出して電話をかけた。私はそれにちょっと慌てる。今日は白鳥くんのおうちに行く予定だから、連絡をするなら白鳥くんかなぁと思っていたからだ。案の定、すぐには橘くんに繋がらないみたいだった。「番号合ってるよね?」と言われて画面を確認したけど、もちろん合っている。「合ってます。でも、橘くん、寝てる気がします」雨が降ってるしなぁ。橘くんのことだから、ベッドに潜り込んでいる気がする。「彼、普段からあんまり電話に出てくれないんだよね」白いため息を吐く由井さんの黒いスマートフォンは、薄くて、たぶん最新のものだ。カバーを付けてないのに、ピカピカで傷一つついていない。そういえばスーツも高級そうだし、きっとお金持ちなんだと思う。そういえば、普段から電話してるってことは、由井さんって橘くんと仲良しなんだ。電話って、何のお話してるんだろう。だんだんぼーっとしていたら、やっと電話が繋がったみたいだ。

「橘くん?やっと出てくれた。今、七夕希ちゃんが困ってるみたいでさ。雨降ってるでしょ。近くの商店街にいるからさ、傘二本持って迎えに来てくれないかなぁ。……ん?一本は僕の分だよ、察しなよ。ほら、早く来ないと風邪ひいちゃう。え、いるよほんとに。はい、七夕希ちゃん」

 由井さんはそういって、携帯を私に向ける。「何か飲みたいもの言ってごらん」と言われて、携帯に向かって「あったかいココア!」って言ってみた。そのあとまた由井さんが喋ろうとしたんだけど、「あれ、切れてるね」と言って、ポケットにケータイをしまった。電話、どのタイミングで切ったのかな。橘くんいつも切るの早いなぁと思って、少し笑った。由井さんは寒そうに息を吸った。

「雨の中歩いてたけど、急いでいたんですか?」

「そうでもないけど。そう見えた?」

「そうでもなければ、雨宿りすると思って。風邪ひいちゃうから」

「よく雨に降られるからね。あまり気にしないのさ」

「うーん、心配だなぁ。由井さん、帰ったらお風呂に入ってあったかくしてくださいね」

「ん、そうだねぇ……」

 ひとごとみたいな返事をしながら、由井さんはポケットからタバコのパッケージを出す。その中の一本を取り出してライターで火をつけた。かすんだ空気の中に煙がまざって、それらしい匂いがした。

「場所、代わろう。そっち風下だから」

「かざしも?」

「煙だよ、煙」

なるほど。煙の流れの話かぁ。由井さんは気遣いのできる人だなぁととても感心した。私の右側にいた由井さんはさっと左に移って息を吐いた。流れる煙はどんどん遠ざかる。タバコ、きっと大人の味がするんだろう。ブラックのコーヒーが飲めないみたいに、私はタバコも吸えない。橘くんはどうなのかな。タバコを吸う姿はあんまり似合わないなと思って、心の中でちょっとだけ笑った。

 由井さんは、お金持ちに見えるし、いい仕事をしていそうな雰囲気だったから、どんなお仕事してるんですか?と聞いたら、「不動産とか、会計……いや、接客かな……」と、自信のなさそうな答えが返ってきた。もしかしたら、企業秘密で詳しくは言えないのかもしれない。そうだったら、すごくかっこいい。ほかにも質問してみたけど、答えはどこか他人のことを喋っているみたいに曖昧で、ますますこの人のことがよく分からなくなった。きっと、苦労も多いんだろうなと思う。

「橘くんとは、どうして知り合ったんですか?」

 この話に関しては、由井さんはできるだけ私に丁寧に説明しようと努力していることが伝わった。思い出すような、考えるような仕草で眉間にしわを寄せて、少しだけ喋ってくれた。

「……どうだったかな。確か、部下が僕に紹介してきたんだっけ。で、彼はウチの部下に比べて冷静だし、起点が効くから、たまに助けてもらったりね。その程度だよ」

 たまに助けを借りたい知人程度だと、関わりを控えめに話していたけれど、それだけでも私には嬉しさがあった。橘くんの話を他の人から聞けるのは、けっこう珍しいことなのだ。彼は、あまり評価を受けるような行動はしないタイプだから。「橘くんは多少人当たりが冷たくてぶっきらぼうに見えるけれど、それを除けば今みたいに、案外気が利くところがあるんだよね。あ、案外は失礼かな」私はうんうんと頷く。由井さんだって賢くて、だからこそ橘くんのことをよく分かって、それでいて信頼してくれているんだと思う。

「ねぇ、君は……」

 由井さんはそこで言葉を止めた。ひとりごとみたいに、消え入りそうな声で呟いたから、私はとっさに返事ができなかった。「……僕にはね。橘くん、一人で生きるのがとても上手に見えるんだ」鈍い宝石みたいな、それでいて蛇みたいにするどい瞳が覗き込む。

 ……ある日彼が、もし君のもとへ来なかったら、きみはどうする?

「私が迎えにいきます!」

 この答えにはぜったいと言っていいくらい自信があったから、しっかり由井さんを見た。すると、少し笑ったような顔を見せて、それから視線を外して、また遠く低い雲をぼうっと見つめた。

「そう。迎えにいく---」

 反芻して、知らない言葉のように呟く由井さんもまた、橘くんと同じように、一人で生きるのが上手なんだろうなと感じた。そうして、この人にも、迎えに行く誰かが必要なんだと思う。あるいは、もうすでにいるのかもしれない。

「君の目には橘くんがどう映ってるのか、……気になるけれど、聞かないでおくよ」

「ちなみに僕は、彼がちょっと怖いな」

 白い息を吐いて、由井さんは、おどけて言う。怖い?確かに。橘くんはそう思われがちだから、私は笑った。でもきっと、いつか思い直してくれるはずだ。

 由井さんが何本目かのタバコを取り出した頃には、雨はずいぶんと小降りになって、雨音も静かになっていた。

 しばらくして迎えにきてくれた橘くんは、水溜りをよけるように歩いてきた。由井さんと同じように黒いスーツを着て、雨だからか、ふてくされたような顔をしている。

「橘くん。わざわざありがとう!」

「うん。雨、もう止んできたね。はい、これ」

 片手に缶を2つ持っていて、そのうちのひとつを私に手渡してくれた。さっきの電話、ちゃんとココアって言ったところまでは聞いていたんだなぁ。もう一度ありがとうと言う。橘くんはもう一本の方を由井さんに向けて軽く投げて、由井さんは少し反応が遅れたけど、それをうまくキャッチした。

「コーヒー……僕にもくれるの。どうも」

「あと傘。返さなくていいから」

「助かるよ」

 由井さんは私と橘くんを交互に見るようにして、よくできた、控えめな笑顔をつくる。私は思わず、由井さんってこういう顔もできるんだ!とびっくりした。

「じゃ、僕帰ろうかな」

「気をつけてください。風邪、ひかないように」

 念を押して言うと、どこかぎこちない感じで手をひらひら振ってくれた。橘くんは始終ケータイをさわっていて、あまり興味がない感じだったのが、すこし由井さんに申し訳ないなと思う。

傘をさして猫背で歩いていく由井さんを見送って、橘くんが「帰ろう」と言ったところで思い出す。

「なゆ、どこに帰ろうか?」

「どこって、うちでしょ」

「あのね、今日白鳥くんのおうちに行こうと思ってて…」

「さっきあいつにメールした。うちに来てって」

「そうなんだ!」

 橘くん、ごめんね、ありがとうと言う。そうすると「七夕希たちがいる方が好きだから、いいよ」と君は言った。私はその言葉にとてもとても嬉しくなったので、何も言えなくなった。だって、こんな幸せなことがあるだろうか。「私たち」は橘くんに好かれているよ。一人で生きるのが上手だけど、君はいつも迎えにきてくれるし、私も迎えにいくんだ。いつか、たまには嫌な顔をしたって、懲りずにそうすると思う。来ないでって言われても、それはゆずれないよ。わがままだってゆるしてね。

広告を非表示にする